便秘解消をしてダイエット効果や病気予防を|カラダ健康生活

サプリメント

喉の異常を知る

ホルモンの異常

ダイエット

甲状腺とは、喉仏の下で器官の前にあり、血液中にホルモンを分泌して、代謝を正常に保ってくれます。この甲状腺の病気には、甲状腺の働いている部分に異常が起きて、甲状腺の働きが悪くなります。また、甲状腺ホルモンの量により、単純性びまん性甲状腺腫やパセドウ病、橋本病などの病名に変わります。よく耳にする甲状腺の病気と言えば、パセドウ病ですが、これは合成されたホルモン物質がたまりすぎてしまうことが原因であり、動悸・息切れなどが起こったり目が飛び出したような状態になったりします。また、パセドウ病と並んで多い橋本病は甲状腺が慢性的な炎症状態に陥ることで、パセドウ病とは反対にホルモン物質が少なくなると起こります。病気のサインとしては首周りが太くなることがあり、表面がゴツゴツしてきます。ですから、目に見えて不調や違和感が出てきた際は、専門医療機関への受診を検討しましょう。

栄養に注意をする

腫れや痛み、そして首周りが太くなるなどの症状を引き起こす甲状腺の病気は、医師の診察を受けて適切な処置を受けることが大切ですが、それ以外にも栄養の摂取に気をつけることが大切です。特に積極的に取り入れておいた方がいいとされるのは、良性のタンパク質やビタミン。甲状腺はホルモン物質の以上で起こる病気なので、ホルモバランスを整える効果がある栄養素を摂り入れるのが一番です。逆に、摂取を制限すべき栄養素は大豆成分であり、余計に症状を悪化させる恐れがあります。その他にもトランス脂肪酸も、甲状腺の病気を悪化させる恐れがあるので、サプリメントなどを用いて調整するようにしておきましょう。